こんなにも

こんなに爽やかな夏なのに

f:id:gumano:20170714173358j:plain

 

こんなにも

痛くて

痛々しくて 生々しい傷は 日記とか紙媒体の、残るものには書けない

痛々しすぎて

 

どうして かくも ただ一人の人間が、わたしの心の中で

中くらいの心の中の小さな小さな存在で

リトル◯◯ちゃん みたいに 生き続けてんだ

 

ちっぽけな

ちっぽけな存在で

あるのは

 

 

ああ、忘れたい。

 

ちっぽけなんかじゃないんだって何回も思い知らされる

たまに夢に出てくるとなにかひっかかってsearchしてしまう

そうすると最新の活動を知ることになって

でもそれがいいきもちにつながることなんてなくて、とても、とてもつらくて、こころがかきみだされ、きずがえぐられ、そう、かさぶたをはがされるように

どうすればいいんですか?逐一ききたい

 

癒されたい

ねえ癒やして

前に進むってきめた

その日から一人で歩いてる

 

 

仕事は仕事でできないことばっか

頭がパンク

ねえどうしたらいい?

 

ピアノはもっとやりたい

そもそもピアノが一番なんじゃなかったの

 

でも室内楽のすばらしさずっとひかれてる

 

忘れさせて、みんな忘れさせて

 

 

生きるってこんなにもたいへん

 

きみは

f:id:gumano:20170629105801j:plain

 

あああと一ヶ月

 

短くてもいいし

長くてもいい

 

ぼうっとしがち

やることってあったっけ?

 

いや、あるよな

f:id:gumano:20170629105952j:plain

 

むー

 

やっぱり

テクノのある方へ

導かれてるのかな

 

そこにいる人たちと

出会いたい

それが音楽のだいじなとこだとしたら

あの、だいすきだったひとを

あの、だいすきなひとが

私をだいすきでいっしょにいれたときから

何年が経ったんだろうなあ

 

その月日に比して、わたしは成長してこれたのかな

 

せめて友達としてでもみとどけてほしかったなあ

 

がんばって、過去を

こえなくても、いっしょにもってても、いけるように

じぶんなりに

 

f:id:gumano:20170627125206j:plain

わたしにはわからないから

f:id:gumano:20170625234504j:plain

なにかわるいこといっちゃったのか

 

わからんな

 

あせりはなにも

いい結果を出さない

 

どきどきして

いるけど

だいじょうぶですか

わたし