読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩むのがふつう

 

悩んでばっかでふつう。

方向性は見えても終わりがなさそうなんてふつう。

終わりがないのがふつう。

自然。

終わりある世界には、住んでいないから

 

 

 

Silence

なんか時代とか状況ちがってもすごい普遍的で内面的?
じぶんたちの内なることだなあっていちばんかんじたんだけど、

信仰は、宗派とわずぜったいあるとおもうんだよね、必要っていうか、少なくとも自分にはあるし

まあ意識する前から神を想定してるというか

で、存在を想定してるし信じてるから、感じたいし、関係を持ちたいし、そこにむかってくしかなんか

(あ、自分にとって絶対的なものを神と表現するとする。)

自分と神との関係性をいかによくしていくか

それが唯一のことになってくんじゃないかってのある

それは自分にとってだけでなく、プロテスタントの友人もいってたことあるし、
その神が誰なのかとかは違っても、
信仰ってそういうことなのかなーみたいな
仮説があって

 

おぬしにとって音楽が、方法なんだ

 

うん。ただ、方法といってもダイレクトにはアプローチできない。

祈りみたいにダイレクトにアプローチする方法は、まだ心得てない感じがする


音とか芸術のつくりだす世界観から、あ、いるのかも、て感じることしかできない

せめてその存在を描こうとした、かたちあるもの(音楽とか)と関係を結んでいれば、
間接的にでも存在を感じられて、
完全にはぐれることはなくて、
救済とか、ううん、どこに通じるのかとか、どうしてはぐれてはいけないのかは、わからないけど

ただ、もしはぐれたら、信仰のない世界になる、そのとき色もないし、死にながら生きるんじゃないかくらいの懸念はある

だいたいその神がキリストなのか誰か知らないし、もはや人でなく概念なのかもしれないし、宇宙なのかもしれないし。

ただその存在なしには生きられないから、
神の沈黙には耐えられない
神の沈黙に耐えられないから、神の意志?その世界?みたいなのを媒介?示してくれる存在を必死に模索してるのかな きっと音楽以外にもあるのかも


うん、それを音っていう形にして示しながら近づいていったり、もっと讃えたい、でも讃えきれてない
いや、神はこれだ、いや、これだ
みたいな過程が、音楽の過程なのかもみたいな思ってる

あれかな、だからその存在を想定して、あらわすのが一つの信仰だととらえてるのかもな
で、こっちから投げ続けるだけじゃたまらないから、
音の中に聴き取ろうとしてるんだよね
そうか信仰みたいなもんだ

 

音がなかったらきついよなぁほんとに沈黙だし、
まあでもキリスト教だったら言葉や、十字架や、形あるものがあるから、信仰はしやすいのか?

でも偉大なるものを聞き取ろうとしたり感じるために音楽は…

むずいな(*_*)

いや、ただひとついえるのは、
信仰のない世界はおそろしくて

 

恐ろしい世界に生きてると感じて、こわいし、信仰をつづけることで生きたいと思ってる、いままでのところは

ツールっていうのちがうか。
音楽のなかに神がいるから、信仰対象は音楽ってなるか

とすると、自分の信仰してる神
を否定する人のあふれる場所にいてる
のは神経おかしくなりそうな、場所でもあるここも

 

でも信仰って個人的なことだし、
自分にとっての神みたいなのに唾吐きかけられたって思って、ぐさりと刺さるけど、

他の人にとって違う神がいるとしてそれを私は把握できないなら、自分だって同じことしてるんだろうし、
てかんじで
普遍的な信仰について考えて いた いる

 

結論不明でした。。

あれだ、すくなくとも、信仰が普遍的な意味でどれだけ重要なのかを、
映画から全力で感じとった。
再確認っていうか、ふたたび、うん。ふたたび、

それで、感動?した。

 

 

 

うんだから重いと全然感じなかったし、すごくあの映画に、自然を感じて
ぐっすり眠れた

 

 

内的なものは壮大か

救われるかどうかも大事なのかも知らないけど、
けどどうせ誰しもいつか死ぬし、最終的にどう変わったかとか、結果でしかないし
結果より大事なのは取り組み方だなって

取り組み方を、信仰っていう取り組み方を、あの映画に見た気がして

神を愛してなかったらあそこまで苦しまない、本当に大事だから、どういう過程で向き合ってくのか、苦しむんだとかも思った
殉教も棄教も結果で、なんか、取り組み方を、見たなぁ って感想だな うん

 

取り組み方かあ そっか 苦しみにも意味はあったと ちゃんと 不必要でなく

 

なんか、そのひとにとっての、解が、たまたまそれだったのかな

ほんと、印象的だったのは
神に肉迫する、その過程だな
だからやっぱ安心したという形容が一番近いかな

 

安心か

そっかあ

 

うんなんか生きてる、てこと、生きる、てことの、なんか

なにかすごく生身のなにかがあった

 

なんか あの苦しみが、安心って言われて、なんか安心した私も今 そっかあ、って

 

なにかがあったというか、なにかが共にいた、というか、うん
ほぼ、内なる出来事としてあった?

スケールが内的すぎるのか壮大すぎるのか、どっちかか両方か

対象物はないんだよね 目的語を取らない 自動詞のなにかの動詞がくるはず

 

 

ホシ

今日さ、魂と心と体の関係性の話したら、地球とかのホシもそうだねって、マグマが内部にあってそれが核で、って、いわれ、

私は太陽が魂と似てるなってそもそも思っていたから、あっそのホシ、もそうかもなって思って。

あとね最近、人間をちゃんと撮ってみたくて、人をちゃんと撮るって何だろうって思った時に、星を撮る感じときっと似てるなって思っていたのもあって。

つまり、なんか、

人と星は同じ(どーん)(ざっくり感)

メシア

おぉい、このうえなくあいたいのに

 

f:id:gumano:20170130223935j:plain

 

あいたいよぅーーーーうぅーーーきてよーーー