わたしは毎日、何をなやんでいたんだろう。

 

悩むのがすきだったのかもしれない。